ゴーゴーわいも
ニシヘルマンわいもとイベラギリシャおいものこと
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おしりオンパレード
結石を取ってもらってから一週間ちょっと、おかげさまで日に日にわいもは元気になっています。

8日前のおしり↓ 赤黒いところがかさぶたになっていきました
5日のおしり


今日のおしり↓ ここまでキレイになりました
今日のおしり

かさぶたは3回ペロ~ンとめくれましたが、もうあと1回あるか無いかだと思います。
綿棒でおしりに軟膏を塗る手当てを毎日していましたが、それだけでこんなに回復するとは、
やっぱり動物の治癒力には驚かされます。

はじめの2日間、朝起きてこなくて、昼もエサを食べずに、前のように息んだりして
心配でしたが、3日目から元通りになりました。

それと、毎朝温浴していたのですが、尿酸の量にビックリしました!
今まで耳かき2~3杯程度だったのが、広げれば100円玉位ありそうなのが
びろ~っと出て、今までがいかに少なかったかよくわかりました。
この尿酸の量を維持できれば、結石再発は阻止できるかもしれません。

ひとまずおしりは完治間近です。
ご心配いただいたみなさん、ありがとうございました。

スポンサーサイト
反省の塊、結石
わいもはいたって元気に成長していると思っていました。
毎日もりもりエサを食べてるし、体重も甲長も順調に増えてるし、活動的だし、
排泄もちゃんとしてるし、健康そのものとしか思えませんでした。

でも、それは飼い主の勝手な思い込みでした。
飼い主の間違いは、わいもの体に大きな塊を作っていたのです・・


わいもの変化は突然現れました。
目ん玉が飛び出て白目から赤い肉みたいの出ちゃうほど
とんでもない形相で息み始めたのです。
かなり激しく息むものの、何も出ない症状が2日続きました。
温浴をしてみたところ尿酸を排出、その後いつもよりちょっとゆるいうん○も排出。
エサも食べてるし考え過ぎかと思いましたが、やはり息みが尋常じゃない!!

ふんばりまくり
↑目が破裂しそうなくらい飛び出てます

心配になって飼育本を読んだりネットで情報を探すと、「結石」の症状に該当しているような・・・
すぐに病院に電話、その日の夜に予約が取れたので、夕方急いで帰宅してみると
わいもは意気消沈、ぐったりとした表情でこちらを見てきました。
嫌な予感は的中してしまいました。
わいもを持ち上げてみると、おしりからベージュ色したでっかい結石が出ていたのです!!
結石が中途半端な出方で止まってしまったため、おしりはうっ血して赤黒くなっていました。
痛くて苦しくて暴れたのでしょう、ケージ内はぐちゃぐちゃになっていました。
「助けてよ~」とでも言いたげに、疲れ果てた表情で力なく飼い主を見つめじっとしているわいも。
これには泣けてきました。

すぐに支度をし、わいもを御茶ノ水にあるレプタイルクリニックへ連れて行きました。
先生はおしりに挟まった結石を見ると、「今すぐ取っちゃいましょう」と処置室へ連れて行き
すぐさま結石をつまみ出してくれました。
それから、レントゲンを撮って、他には結石が無いことを確認。
巨大結石が長時間挟まっていたことで、おしりの皮膚は広がってドス黒くなっていて
その部分は壊死してしまうだろうとのこと。
皮膚の再生には2~3週間はかかるが、完全に元通りになるかは不明で
もしかしたらおしりのしまりが弱いままかもしれないらしいのです。
先生いわく結石の大きさと硬さから、去年の冬位から出来初めていたのでは?とのこと。
ずっと元気だったわいもが実はそんなものをずっと抱えていたなんて・・

結石
↑出てきた結石は直径1.5cmもありました

思い起こせば、だいぶ前からわいもはよく息んでいました。
でも、いつもうん○の時は息んでいたし、ちょっと硬いうん○なのだと思ってて
まさかあんなに大きな結石が詰まっていたなんて想像もしていませんでした。
結石については飼育本で読んで知っていたのに、全く気が付かなかった・・

野草中心の給餌だから大丈夫、湿度を気にして霧吹きしているから大丈夫
わいもはいつも元気に動いているから大丈夫、そんなふうに安易に考えていた
自分が情けなくて、反省と後悔の念が押し寄せるばかりでした。
もっと早く気づいてあげてれば、わいもはこんなに苦しまずに済んだのに・・
飼い主の油断と過信が招いた結果です。
わいも本当にごめんなさい。

少なくてもわいもにおける結石の症状は把握できたので
もう二度とこんなツライ思いをさせないようにしっかり予防したいです。
初めてのリクガメ飼育でわからないことも多いですが、
日ごろの観察から変化を見極めて、ちょっとした異変や病気のサインを
見逃さないことがどれほど大事か痛感しました。
まずはおしりが完治するまで、注意深く見守りたいと思います。

copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。